ビズレポ/BizRepo アグレッシブなビジネスパーソン向けら経験豊富なビジネス・カウンセラーが課題解決レポートとすぐに使えるマニュアル・テンプレートを提供 ビズレポ/BizRepo ホーム

BizRepo ビズレポ ホーム BizRepoとは BizRepo 収録コンテンツ一覧 BizRepo ビジネス・カウンセラー(著者) BziRepo 会員ログイン

 
 

ビジネスカウンセラー執筆レポート 

 
     
 
カウンセラー名: 窪田法明
 
 
 
 
会社名(屋号)
フリガナ
氏名

所在地
電話/ファックス番号
URL

窪田特許事務所
クボタトッキョジムショ
窪田法明
141-0022
東京都品川区東五反田1−25−19 東建島津山南ハイツ804号室
03−5420−5709/03−5420−5696
http://homepage3.nifty.com/patentkubota/
   
会社設立(創業)
フリガナ
代表者名
資本金
年商
従業員数
主たる事業
その他特記
1987年
クボタノリアキ
窪田法明
***
***
1名
特許権・実用新案権・意匠権・商標権の権利取得
先行技術等の調査
特許等の相談
著作権等の相談
内、外国出願・審判・訴訟・鑑定
 
 
 
(指導方針)
発明の説明は、事前に作成して頂いた説明書や図面に基づいて説明して頂くようお願いしています。説明書や図面を予め作成して頂くと発明者の頭の中が整理され、自分の発明がより明確になりますし、説明もし易くなるからです。

説明書は発明を箇条書きで書いて頂くと書き易いと思います。図面はきれいな図面である必要はありません。手書きのマンガで結構です。

発明はアイデアの段階でも特許出願をすることができますが、事業化した段階でかなり変化する場合がありますので、可能であれば発明品についてサンプルを作成してから特許出願することを勧めています。

発明者の技術レベルからすれば初歩的な質問になるだろうと思われるレベルの疑問であっても、遠慮せずに質問しますので、面倒がらずにご説明ください。不明な点を誤魔化したままで特許出願書類を作成すると、審査の際に後悔することになる場合があるからです。

(指導事例)
***

(指導分野)
■職階別
経営者、経営幹部、役員、監査役、後継者、二世経営者、管理者、中堅・一般社員、女性社員、若手・新入社員、技術系社員、起業・創業を目指す方
■ 業務別向け
新規事業開発、法務、能力開発、商品開発、技術、生産、品質、研究開発
■テーマ別
ベンチャービジネス、起業、地域活性化、地域開発、知的財産、中小・中堅企業

(顧問・講演料)
10万円

(営業エリア)/ (無料相談)
日本全国/ メール対応可・訪問相談可・TV相談可

 
 
(プロフィール)

 
 
生年月
1950年 ( 昭和25年 ) 2月
最終学歴
信州大学工学部
資格
昭和58年弁理士試験合格
所属団体・役職
日本弁理士会
東京海洋大学・知的財産本部・顧問弁理士
職歴
昭和47年   企業に3年間勤務
退社後、特許事務所に勤務
昭和58年  弁理士登録
昭和62年  窪田特許事務所開設
最近の活動実績・著書等
■最近の研修実績
平成19年3月27日:東京海洋大学「産学・地域連携知財フェア」で講演

■最近の執筆実績
平成19年11月:月刊誌「近代中小企業」11月号で「中小企業のための産学連携における発明の保護と利用」を執筆
 
 

Copyright (C) DataAgent 個人情報保護方針 | お問い合わせホーム

プライバシーマーク